aws

EB環境にドメインを設定する

AWS Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックルーティング
基本的にはこれの通りに設定する。

既存のDNSサービスからRoute53に変更する

Route53でドメインを取得した場合はこの手順は不要なので楽だと思う。
また、EBではなく単にEC2でアプリを動かしていて、そこに固定IP(Elastic IP)を設定している場合なども、DNSサービスを変更する必要はなかったはず。
EBの場合は、環境が落ちた時(再デプロイの時はどうだろう?)に新しいEC2インスタンスを立てるみたいだから、Elastic IPを設定してもインスタンスが変わると繋がらなくなるっぽい。その代わり、一つの環境には固有の環境ドメインが自動で割り当てられるからマイドメインからEB環境ドメインへのエイリアスを設定できれば良い。
それだけならDNSサービスを変える必要はなさそうな気もするが、この辺りの仕組みはあまりよくわかっていない。

いずれにしても私のケースでは、お名前.comでドメインを取得したので、Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスにするに従ってドメインのDNSサービスをお名前.comからRoute53に変更する必要があるようだ。変更方法も、ドメインを既に使用中の場合と未使用の場合とでやり方が異なる。既にメールで使用中なので、前者の方法で変更手続きをする。

マイドメインからEB環境へのエイリアスレコードを設定する

変更できたら、冒頭のドキュメントに従って
マイドメイン --> EB環境ドメイン
というエイリアスを作成する。

使っているEB環境が古い(2016年初期以前)かどうかでやり方が変わるようだが、私のは新しいので「Amazon Route 53 エイリアスレコードを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには」の手順に従って単純なエイリアスをAレコードで設定すれば良いだけだった。

アクセスできるか確認

できたら万歳。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です