web系

フォントのMIMEタイプについて

ウェブフォントファイルのMIMEタイプはRFC8081で以下のように提案されています。

  • トップレベルタイプとしてfontを使用
  • サブタイプとして、各フォント拡張子にあったものを定義

Content-typeは以下のようになります。

フォントタイプ Content-Type
Generic SFNT font/sfnt *
TTF font/ttf
OTF font/otf
Collection font font/collection
WOFF 1.0 font/woff
WOFF 2.0 font/woff2

※ 最初のfont/sfntは実際はほとんど使われることはないようです。SFNTというのは具体的なttfやotfなどをラップした構造をしているようなので、内部の具体的なフォントタイプが使われるみたいです。

初めはW3Cがapplication/font-woffapplication/x-font-ttfなどを公式に定義していましたが、あまり使われていなかったようです。そもそもapplicationタイプはソースファイルなどを含むためセキュリティリスクに細心の注意を払って扱われるものです。また、フォント用のトップレベルタイプが無いと、フォント共通のオプションパラメータを設定することができません。以上の理由からfontというトップレベルタイプを定義することにしたとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です