aws

awsでwordpressを開設する 4 〜 ドメイン取得

awsでwordpressを開設し固定IPを取得したので、次はドメイン取得をします。ここでは、amazonのElastic IPを取得している前提で、amazonのroute53でドメインを取得する手順を書きます。

  1. bitnamiインスタンスを立ち上げる
  2. ssh接続設定をする
  3. Elastic IP設定
  4. ドメイン取得(この記事)
  5. 画像や動画をs3でホスティングするようにする(プラグイン)
  6. google analytics設定
  7. google adsense設定

4. ドメイン取得

ドメインとは

ドメインというのは例えばウェブサイトのURLがwww.piyopiyo.comだった場合に、piyopiyo.comの部分のことを言います。これはIPアドレスと対応づけられているので、URLからIPアドレスを特定することができ、結果としてそのウェブサイトに接続することができます。URLとIPアドレスの対応付けはDNS(ドメインネームシステム)に登録する必要がありますが、このような設定をroute53では簡単にできます。他にも有名なドメイン取得サービスにお名前.comなどがあります。

ドメイン取得や使用にはお金がかかります。また、たいてい取得したドメインを使用できる期間は1年ですが、自動更新されます。route53でドメインを取得する場合の料金はこちらです。私はまだこのブログを開設したばかりなので、アクセスは少ないだろうと思ってちゃんと計算してません笑。また、ドメインの最後の部分(.comとか、.jpとか)をどれにするかによっても料金が変わります。このページ(PDF)にまとまっています。主に登録時の料金と更新時の料金が関係してくると思いますが、更新時の料金はかからないドメインもあります。表中の一番左の料金(Registration and Renewal Price)が登録にかかるもので、一番右の料金(Transfer Price)が更新にかかるものです。ここが$0.00になっていたら更新にお金がかかりません。例えば、.comの登録料は$12.0で更新料も$12.0なので、この場合は毎年$12.0かかるということです。

route53でドメイン取得する

awsのドキュメンテーション(EIP取得のところからの手順)もあります。


awsのコンソールからroute53のページを開くと、ドメインをまだ1つも持っていない場合は以下のような画面が表示されるので、Domain Registrationのところの”Get started now”クリック


画面上部にある”Register Domain”をクリック


枠内に適当なドメイン名を入力し、一覧から.com等を選択して使用可能か”Check”


以下のように結果が表示されるので、使用可能なら”Add to cart”をクリックして、画面下の”Continue”をクリック


フォーム内に必要な情報を入力して”Continue”


最後に利用規約の同意を求められるのでチェックを付けて、”Complete purchase”をクリック(キャプチャ撮り忘れてしまった!)


確認のメールが来るので、そこに書かれているURLにアクセスすると登録完了。


最初のroute53のページに行くと、取得したドメインが表示されているはず。


次はこのドメインとElastic IPを関連づけるためにDNS設定をするのですが、そのあたりの手順をメモしてなかったので、あとはこのドキュメンテーションのStep3からやってください笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です